【藤田大誠・3/7】第38回国体文化講演会〔近代日本の国体論・「国家神道」研究の現状と課題〕

昨今、「国体」という語を耳にする機会が増えました。しかしながら、いざ「国体」とは何か、それが自身の人生と如何に関係するかと問われた際、どれだけ答えられる人がいるでしょうか。
ここに、日本国体学会は本年も国体文化講演会を開催します。

本年最初の講師は、新進気鋭の神道研究者として知られる藤田大誠先生です。学界において近年交錯しつつある「国体論」研究と「国家神道」研究の現状、そしてその展望を提示して頂けると存じます。
皆様の御来聴を心より歓迎いたします。

日 時 平成26年3月7日(金)
                18時15分 開  場
                18時30分 開  始
                20時10分 終講予定

場 所 学士会館  302号室 (東京都千代田区神田錦町3―28)
講 師 藤田大誠 氏 (國學院大學准教授)
演 題 近代日本の国体論・「国家神道」研究の現状と課題
会 費 千円 (事前申込不要)


【学士会館への交通案内】

都営三田線/都営新宿線/半蔵門線
 「神保町」駅A9出口徒歩1分
東京メトロ東西線
 「竹 橋」駅3a出口徒歩5分
 http://www.gakushikaikan.co.jp/info/access.html

【講師略歴】
(ふじた・ひろまさ)
國學院大學人間開発学部准教授・研究開発推進機構助教、博士(神道学)。昭和49年生。富山県生まれ大阪府育ち。國學院大學法学部法律学科卒業、神職資格(明階)取得、國學院大學大学院文学研究科神道学専攻博士課程後期修了。
主な著書に『近代国学の研究』(弘文堂、平成19年)、國學院大學研究開発推進センター編『招魂と慰霊の系譜―「靖國」の思想を問う―』(錦正社、平成25年、共著)など。

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする