【10/12】第五回里見日本文化学研究所学術研究大会 長谷川三千子×ロマノ・ヴルピッタ「やぶれざるもの――天壌無窮の「国体」」

去る10月12日に開催致しました下記学術研究大会に多数の皆様に御来駕賜りまして誠に有難うございます。
当日の様子に加え、詳細なる大会記録集を拡大特集した「国体文化」平成27年1月号(特別定価800円)を発行予定でございます。
ご予約はこちらまでお願い申し上げます。

第五回里見日本文化学研究所学術研究大会のお知らせ

《テーマ》

やぶれざるもの――天壌無窮の「国体」

『神やぶれたまはず』と『不敗の条件』が繋ぐ
やぶ(敗・壊)れざるものとしての「国体」

大東亜戦争に敗れてから70年を迎へんとする今日、我が国は大きな転機に差し掛かつてゐます。安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を説きますが、脱却して何処に向かふかについては明確になつてをりません。

我々は、ポツダム宣言受諾の大詔に示された「國體ヲ護持シ得テ」、「國體ノ精華ヲ発揚シ」といふ昭和天皇の御聖旨に立ち返ることが肝要であると考へ、その内実を探るべくシンポジウムを開催致します。

御多忙とは存じますが、皆様の御来聴を心よりお待ち申し上げます。

▼日 時 平成26年10月12日(日)
12時30分 開 場  13時   開 始
▼場 所 靖國神社 靖國会館  偕行の間
(東京都千代田区九段北3―1―1)
▼資料代 千  円(事前申込不要)

第1部 基調講演(13時10分~14時30分)

 「神やぶれたまはず」
埼玉大学名誉教授
長谷川 三千子 先生

「偉大な敗北と神州不滅の理」
京都産業大学名誉教授
ロマノ・ヴルピッタ 先生

第2部 講師とのパネルディスカッション(14時45分~16時)

長谷川 三千子 先生
ロマノ・ヴルピッタ 先生
■コーディーネーター
里見日本文化学研究所主任研究員・「国体文化」編集長
金子 宗徳

主  催 日本国体学会
後  援 株式会社展転社

お問い合わせ等は以下までお寄せ下さい。

〒180-0014 東京都武蔵野市関前5-21-33
電話 0422-51-4403 FAX 0422-55-7372
メール
http://www.kokutaigakkai.com/

◇12月5日 第41回国体文化講演会 松本丘 「近世神道家の国体観」

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする