【10/6】第四回 里見日本文化学研究所学術研究大会開催のお知らせ

第四回 里見日本文化学研究所学術研究大会

【統一テーマ】
「皇統」とは何か――「国体」から見た皇位継承

――「男系」「女系」論議を超えて

251006kenkyu

これまで本研究大会では、「蘇る里見岸雄―里見国体学の現代的可能性」、「里見国体学の諸相」、「国体を巡る諸思想」といったテーマに関し議論を重ねて参りました。
4回目となる今回は、我が皇室の安寧を切に願う立場から、意見の相違を超えて「皇統」とは何かについて問い直すことで、皇位継承、そして国体の本質を捉えようとするものです。
皆様の御来聴を心よりお待ち申し上げます。

▼日 時 平成25年10月6日(日)13時    開 始(12時30分 開 場)

▼場 所 靖国神社 靖国会館  偕行の間
( 東京都千代田区九段北3―1―1)
▼資料代 千 円
どなたでもご来聴頂けますので、直接会場にお越しください。

■第1部 基調講演(13:10~14:30)

「『万世一系』のための女系継承」
國學院大學神道文化学部講師・日本文化総合研究所代表
高森 明勅
「日本文化としての皇位継承」
関東学院大学文学部教授・『表現者』編集委員代表
富岡幸一郎

■第2部 講師とのパネルディスカッション(14:45~16:00)
コーディーネーター
里見日本文化学研究所主任研究員・『国体文化』編集長
金子 宗徳

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする