大王文庫


大王文庫の入り口に掲げられた木札

大王文庫の入り口に掲げられた木札

大王文庫とは

里見日本文化学研究所に付設された大王文庫には、里見博士が収集されたものを中心として歴史・政治・宗教など幅広い分野の図書や関連する文書が保管されてゐます。
将来の公開を目指して、現在は整理作業が進められています。

蔵書目録

里見博士が収集された書物は、博士が考案された独自の方式により分類されています。目録は、近日中に公開予定です。

大王文庫所蔵文書研究会

大王文庫には、里見博士および父君・田中智學居士宛ての書簡が合わせて2000通ほど保管されており、平成19年8月から〈里見日本文化学研究所〉内に設置された〈大王文庫書簡翻刻チーム〉が翻刻作業を行い、その成果を『国体文化』誌上で公表しています。
なお、平成25年1月からは〈大王文庫所蔵文書研究会〉として内外の研究者に門戸を開いています。関心のある方は御連絡下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 【主な所蔵書簡】

  田中智學居士宛書簡
  ・姉崎正治
  ・坪内逍遙
  ・中里介山
  ・山川智應
  ・与謝野鉄幹・晶子

  里見岸雄博士宛書簡
  ・甘粕正彦〔近日公開予定〕
  ・石原莞爾〔『国体文化』(平成19年9月号~平成23年4月号)にて公開〕
  ・佐々木惣一〔『国体文化』(平成23年5月号~平成24年5月号)にて公開〕
  ・佐々弘雄
  ・清水澄
  ・田中智學
  ・中川小十郎〔『国体文化』(平成24年5月号~平成25年3月号)にて公開〕
  ・山川智應