【12/19】国体学講座 第八講〔橋川文三 ― 『国体』と政治的ロマン主義/坪内隆彦氏(「月刊日本」編集長) 「幕末志士の国体観と死生観」〕

自らの戦争体験・日本浪曼派体験にこだわり続けた橋川文三を見つめる
坪内隆彦氏による特別講義は、物事の道理を深く探求した先覚者に学ぶ

■ 日 時

平成27年12月19日(土)
午後1時 開 講

■ 会 場

日本国体学会本部講堂 (東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

■ 内 容

「戦後の『国体論』を読む」
(7)橋川文三 ― 『国体』と政治的ロマン主義
講師 里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子宗徳

特別講義
「幕末志士の国体観と死生観」
講師 「月刊日本」編集長 坪内隆彦氏

■ 会 費
1500円

お申し込みはこちらからお願いいたします。

今後の講義につきましては、平成27年度国体学講座日程を御確認下さい。

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする