【3/26】国体学講座 最終講〔河合隼雄 ― ─「国体」の中空構造/講学生論文公聴会〕

いよいよ「戦後の『国体論』を読む」最終講。
日本の心理学における第一人者・河合隼雄の日本論に迫る。
一年の締め括りは講学生による論文公聴会。

■ 日 時

平成28年3月26日(土) 午後1時

■ 会 場

日本国体学会本部講堂 (東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

■ 内 容

◉「戦後の『国体論』を読む」
(11)河合隼雄 ― 「国体」の中空構造
講師 里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子宗徳

◉講学生論文公聴会
・発表テーマ
「足利尊氏の神仏関係」「皇室と出雲」「イスラームの天皇観」「日琉比較国体論」

◉閉講式

■ 会 費
1500円

お申し込みはこちらからお願いいたします。

※来年度も国体学講座は開講予定でございます。皆様の御参加お待ちしております。

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする