Category Archives: 02 注目論文

ヒアリングを振り返る──三つの観点から(金子宗徳)

里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子宗徳
「国体文化」平成29年1月号より
[PDF]

 ヒアリング終はる

 十月より始まつた「天皇の公務の負担軽減に関する有識者会議」では、皇室制度の概要および天皇の行為に関するレクチャーに引き続き、専門家に対するヒアリングが行はれた。十一月七日と十四日には主として歴史的視点から、三十日には法律的観点からの意見表明・質疑応答がなされたといふ。

 意見表明は、事前に発表されてゐる八つの聴取項目に沿つて行はれた。その詳細な内容は本誌前号でも触れたので繰り返しを避けるが、大まかには「日本国憲法の下で天皇は如何なる御存在であり、如何なる御公務を為されるべきか」、「天皇が御高齢になられた場合、御公務に伴ふ御負担を軽減する方法は存在するか」、「究極の御負担軽減策として譲位を認める場合、どのやうな制度設計が必要か」といふ三つに分けられるだらう。

 以下、この三つの観点からヒアリングの内容を振り返つてみたい。

 日本国憲法と天皇
 第一の観点についてだが、あくまで日本国憲法の枠内で解釈を試みた議論と「象徴」といふ概念じたいに立ち返つた議論とに分かれた。

 前者の典型は、前号でも触れた憲法学者の高橋和之(東京大学名誉教授)だ。明治憲法において「主権者あるいは最高機関」とされてゐた天皇が日本国憲法において「象徴」と改められたことを重視する高橋は、憲法上の「公務」は条文に明記された「国事行為」のみであり、それ以外の行為は「公務」ではなく、従つて、自己の責任において自由に行ひ得るものであり、逆に云へば行ふ義務はないと主張してゐる。

有識者会議を実質的にリードする者 ──東大法学部の影響力(金子宗徳)

里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子宗徳
「国体文化」平成28年12月号「主論」より
[PDF]

 第一回目の模様
 十月十七日の夕方、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の第一回会合が総理大臣官邸で開催された。有識者の六名〔今井・小幡・清家・御厨・宮崎・山内〕は全員が出席し、政府からも八名が出席した。

 互選により今井が座長に選任された後、安倍首相は「今上陛下が現在八十二歳と御高齢であることも踏まえ、公務の負担軽減等を図るため、どのようなことができるのか、今後、様々な専門的な知見を有する方々の御意見もしっかり伺いながら、静かに議論を進めてまいりたい」、「国家の基本に係る極めて重要なことがらであり、予断を持つことなく、十分に御審議いただき、国民の皆様の様々な御意見を踏まえた提言を取りまとめていただけるよう、よろしくお願いしたい」などと挨拶したといふ。

 その後、座長の指名により御厨が座長代理に選任され、運営方法が話し合はれた結果、①会議じたいは非公開とするが議事概要を会議終了後一週間程度で公開すること、②会議で配付された資料は会議終了後直ちに公開することなどが決められた。

 続いて自由討議が行はれたが、席上、「この会議の役割としては、論点や課題を明確に国民に示すことが重要」、「できるだけ多くの真摯な御意見を聴いて、陛下にとっても国民にとっても最も良い結論を導いていくことが必要」、「様々な方策の抱える長所や短所を虚心に検討することが必要」などと慎重な審議を求める声が上がる一方、「御高齢となった陛下の御事情にかんがみるとき、慎重さを旨としながらも何よりもスピード感を持って検討を進めることが重要」との指摘もなされたといふ。また、「しっかりと静謐な環境を確保して議論することが必要」との発言もあつたやうだが、我らとしても冷静な議論を心掛けたい。

《年頭信感》国体より観たる「象徴」・「譲位」問題(河本學嗣郎)

 昨年、八月八日、今上陛下には、皇位継承に関はる「御譲位」と、日本国憲法上の「象徴」としてのお務めに関し、「お言葉」が発せられた。この二点につき、如何に拝すべきか、国体観から述べてみたい。

 陛下は、「日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方」を、「伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応え」る「象徴」としての御行為を「天皇の務め」と仰せられた。

 象徴としてのお務めを陛下自ら、「務め」と仰せられたからといつて、決して、我々が日常の会社務めをしてゐる、務めなどと同等に軽く考へてはならない。

「国父」の死とタイ社会の将来(樋泉克夫)

愛知大学現代中国学部教授 樋泉克夫
「国体文化」平成28年12月号より

 十月十三日、タイのチャックリー王朝ラーマ九世に当るプミポン国王が八十八歳(一九二七年~)で崩御され、タイ全土は一斉に喪に服した。喪服姿の人々が黙々と、粛々と王宮に足を運ぶ光景を、内外メディアは亡き国王の威徳を讃仰する国民の素朴な振る舞いであると伝える。だが、一面では将来に対する国民の漠然とした不安の表れとも受け取れる。

 現在のタイにとっての最大の不安要因は、悲しみに暮れる国民の前に、未だに新たな国王像が示されていないことだろう。

 王国・王制の安泰を求めて
 現王朝を開いたチャックリー将軍は民衆の願いを受け前トンブリ王朝の混乱を鎮圧し、一七八二年にラーマ一世として王位に就いた。その後、英仏など西欧列強の東南アジア進出の渦に巻き込まれるが、明治元年に当る一八六八年に即位したラーマ五世による近代化が奏功し、王制に絶対的権威をもたらすと同時に周辺諸国とは異なり殖民地化を防いだ。

 だが二十世紀に入り、王制は危機を迎える。

 五世王が没した翌一九一一年には早くも民主化を求める反乱がおきた。因みに一九一〇年には日韓併合が行われ、一九一一年には辛亥革命が起り、清国が崩壊している。上海事変勃発の一九三二年には「立憲革命」が起り、専制君主制から立憲君主制へと政体は大きく変貌する。
 …… ……(続きは本誌「国体文化」平成28年12月号で)
樋泉克夫「「国父」の死とタイ社会の将来」プミポン国王崩御を縁として
【執筆者略歴】
樋泉克夫(ひいずみ・かつお)
山梨県生まれ。香港中文大学新亜研究所で学び、外務省専門調査員(在タイ大使館)、愛知県立大学教授を経て二〇一一年より現職

shucho

国体論から観た壬申の乱 (上)――天武天皇は〝簒奪者〟だつたのか(山本直人)


東洋大学文学部日本文学文化学科非常勤講師・文藝評論家 山本直人

「国体文化」平成28年12月号より
[PDF]
267612nahoto

 壬申の乱、ふたたび

 昭和十三(一九三八)年四月二十三日朝。静岡の興津の別邸にて、元老・西園寺公望は秘書の原田熊雄に向つて次の様に語つた。

「まさか陛下の御兄弟にかれこれいふことはあるまいけれども、しかし取巻きの如何によつては、日本の歴史にときどき繰り返されたやうに、弟が兄を殺して帝位につくといふやうな場面が相当に数多く見えてゐる。…或は皇族の中に変な者に担がれて何をしでかすか判らないやうな分子が出てくる情勢にも、平素から相当に注意して見てゐてもらはないと、事すこぶる重大だから、皇室のためにまた日本のためにこの点はくれぐれも考へておいてもらはなければならん。」(原田熊雄『西園寺公と政局 第六巻』・「第七章 近衛総理の辞意」から「皇室の将来に対する公爵の憂慮」岩波書店、昭二六)

 前年六月に近衛文麿内閣成立後、ひと月を経て支那事変が勃発。翌年にその近衛が「国民政府を対手とせず」とする声明を出し、日中衝突が泥沼化していつた時期にあつた。改めて説明するまでもなく、「陛下の御兄弟」とは、昭和天皇の弟宮、秩父宮雍仁親王と高松宮宣仁親王のことである。

 とりわけ天皇よりも一歳下の秩父宮は、二年前の二・二六事件の際、周囲から〝黒幕〟視され、その国民的人気と積極的な政治的発言から、西園寺も過剰な警戒を示してゐた。

皇位継承の意義を踏まへた議論を──有識者会議に望むこと(金子宗徳)

里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子宗徳
「国体文化」平成28年11月号「主論」より
[PDF]

 有識者会議の顔触れ
 九月二十三日、安倍晋三内閣総理大臣は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の開催を決定、菅義偉内閣官房長官より発表された。有識者会議のメンバーは以下の六名である。

  今井  敬(86)日本経済団体連合会名誉会長
  小幡 純子(58)上智大学大学院法学研究科教授
  清家  篤(62)慶應義塾長
  御厨  貴(65)東京大学名誉教授
  宮崎  緑(58)千葉商科大学国際教養学部長
  山内 昌之(69)東京大学名誉教授

【書評】坪内隆彦『GHQが恐れた崎門学』(展転社)

GHQが恐れた崎門学 明治維新を導いた國體思想とは何か 坪内隆彦 著

『GHQが恐れた崎門学
明治維新を導いた國體思想とは何か』

 報道によれば、平成三十年の明治百五十年を期して政府は記念事業を検討しているという。明治維新の意義、明治の精神に学ぶ貴重な機会になるだろう。

 と言いたいところだが、「近代日本が道を誤った根本原因は、明治維新だった」であると書き連ねる原田伊織の『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』『大西郷という虚像』といった一連の著作がブームのようだ。「長州テロリスト」と「徳川テクノクラート」の対決図式に基づき、倒幕勢力の暴力・残虐性を殊更に強調したあげく、明治維新を「大義なき権力奪取」と全否定する。