【9/14】第55回国体文化講演会 牧野邦昭「戦前日本の経済学と第二次世界大戦」

第55回国体文化講演会のお知らせ

戦前の日本では大きな社会変動の中で、経済学そして経済学者も社会と深く関わることとなった。
日本の経済学者たちは何を考え、実践したのか。
そしてそうした思想・研究や活動は戦争とどのように関係することになったのか。
最新の研究から明らかにする。

日 時 平成30年9月14日(金)18:30~20:10
18時15分 開  場
18時30分 開  始
20時10分 終講予定
場 所 学士会館  302号室 (東京都千代田区神田錦町3―28)
講 師 牧野邦昭 氏 〔摂南大学経済学部准教授〕
演 題 戦前日本の経済学と第二次世界大戦
会 費 1,000円(本会関係者)
    2,000円(一般)
主 催 日本国体学会

〔講師略歴〕
(まきの くにあき)昭和52年生まれ。東京大学経済学部卒業。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。専攻は近代日本経済思想史。著書に『戦時下の経済学者』(中公叢書、第32回石橋湛山賞受賞)、『柴田敬―資本主義の超克を目指して(評伝・日本の経済思想)』(日本経済評論社)。共著に『昭和史講義―最新研究で見る戦争への道』(ちくま新書)など。

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする