【10/20】国体学講座〔第6期〕第4講 — 軌範としての「国体」

《「国体」とは何か?—里見岸雄と「国体科学」》
と題する連続講義の第4講では、
社会的軌範としての「国体」の構造を考察する

■ 日程
平成30年10月20日(土)13:30〜16:30

■ テキスト
里見岸雄「科学的国体論」(日本国体学会・昭和52年)

■ 講師
金子宗徳(里見日本文化学研究所所長/亜細亜大学非常勤講師)

■ 会場
武蔵野市立 語らいの道・市民スペース
(JR三鷹駅北口より徒歩3分)

■ 参加費(会場分担金および資料代)
本会会員:1,000円
一  般:2,000円
学  生:1,000円
テキスト代:1,000円

■ 定員
20名
※会場および資料準備の都合上、事前に御申込み下さい。

■ 申込先
日本国体学会
〒180-0014 東京都武蔵野市関前5-21-33
TEL 0422(51)4403
FAX 0422(55)7372

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする