【出版案内】『英米世界秩序と東アジアにおける日本――中国をめぐる協調と相克 一九〇六~一九三六――』 »»»»»»»»»»こちらをクリックして下さい

 

〔巻頭言〕十一年目の「昭和の日」を迎へるにあたり

「国体文化」平成29年4月号巻頭言

 四月二十九日が「昭和の日」へと改められ、施行されてから十一年、今では民間有志による奉祝式典が全国各地で開催されてゐる。それじたいは喜ばしいことだが、広く国民に「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」といふ制定趣旨が伝はつてゐるかと云へば、どうも心許ない。平成への御世代はりから二十九年、平成生まれが全人口の二割強を占める一方、敗戦前に生まれた者は二割を切つた。いくら体験者が自らの思ひを熱く語り続けたところで、眼前の生活に追はれる者たちからすれば「老人の昔語り」に過ぎぬ。今上陛下の御譲位が実現すれば「昭和」は「前の前の元号」になるといふ現実を踏まゑ、「昭和への思ひ」を如何にして喚起していくか。これは、現時点に於いて「前の前の前の元号」にあたる「明治」の御世を顕彰せんとする「明治の日」制定運動とも絡む大きな課題と云はねばならぬ。
 なぜ、数多くある元号のうち「昭和」そして「明治」のみが祝日の名に冠せられるべきなのか。百二十五代を数へる天皇のうち明治天皇と昭和天皇を特別扱ひするものではないかといふ批判もあるが、これは「祝日」の意義に関する正しい理解を欠いた議論と云はねばならぬ。
 かつての「祝祭日」にせよ、現行の「国民の祝日」にせよ、それらを制定する主体は「近代国民国家としての日本」である。「近代国民国家としての日本」からすれば、倒幕維新により天皇を中心とする近代国民国家を確立した明治の御世、そして敗戦といふ国家存亡の危機から復興した昭和の御世は、近代国民国家が瓦解しかねない情況を克服したといふ意味で、近代国民国家の基底に存する日本といふ原国家(=国体)そのものゝ濫觴たる紀元節(現・建国記念の日)と並んで記念されねばならぬ。逆に、「大正」を殊更に取り上げないのは「近代国民国家としての日本」が安定してゐたからこそであり、決して軽視してゐるわけではない。
〔金子宗德〕

【国体文化】平成29年4月号

【国体文化】平成29年4月号
通巻1115号/目次
===========================
〔巻頭言〕十一年目の「昭和の日」を迎へるにあたり……表 2

◉天皇の神聖性を巡つて/金子宗德……2

〔特集〕第七回日本国体学会学術研究大会 開廷七〇年―東京裁判を問い直す
 ・(基調講演)東京裁判を巡る世界の動向/江崎道朗……11
 ・(基調講演)大川周明と東京裁判/大塚建洋……29
 ・(基調講演)東京裁判~フランス人判事の無罪論/大岡優一郎……36
 ・(コメント)東京裁判研究の現状に照らして/宮田昌明……62
 ・パネルディスカッション/江崎、大塚、大岡、宮田、金子宗徳……70

◉論壇瞥見《84》
 遺恨二十年、晴らせぬ思ひ/井上寶護……92

◉国体学講座 第四講 特別講義
 昭和知識人の「日本回帰」―龜井勝一郎と『日本浪漫派』/山本直人……100

 資本主義の超克とその先の国家論(一)/小野耕資……106

◉ますらおの叫び・日本軍歌考《52》
 日清・日露戦役の歌 (九)/大野主水……98

 御製講座(81) 草花に込められた思い④/竹中正安……104

◉日本思想史における法華経
 国体との冥合を考へる(13)/相澤宏明……116

 国体規範論 中(75)/里見岸雄……122

 平成29年度活動方針…112

 本部動報……114
  ▼国体思想研究会第32回例会
  ▼国体学講座
  ▼大孝園日誌
  ▼受贈図書

 編集余滴……128

===========================

ご注文はこちら>>

【4/7】国体思想研究会第34回例会のお知らせ

「国体」に関する少人数の勉強会です。
若き学徒の参加を歓迎します。

■ 日 時
  平成29年4月7日(金) 午後7時~9時

■ 会 場
 喫茶ルノアール新宿区役所横店
 マイ ・スペース会議室3号室
(東京都新宿区歌舞伎町 1-3-5相模観光ビル2階)

■ 内 容
 (1)ミニ発表
 (2)テキストの輪読〔輪読範囲…里見岸雄著『萬世一系の天皇』119~151頁〕
 ※テキストを入手の上、該当箇所を事前に御通読下さい(本会にてお取扱いしております

■ 参加費
 500円(飲料代込)
   ※終了後に懇親会あり(会費:3000円程度)

 御参加に際しては、事務局まで御連絡頂ければ幸いです。

【2/26】国体学講座 第5講〔フランス啓蒙主義の国家論/フランス国体とは如何なるものぞ―正統史観の復活〕

■ 日 時

平成29年2月26日(日) 午後1時開始

■ 会 場

大孝園・里見日本文化学研究所本部講堂
(東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

【3/3】第50回国体文化講演会 宮田昌明「明治国家の建設と国民社会の諸相」

第50回国体文化講演会のお知らせ

明治日本とは何であったのか 「歴史通」や「Voice」でおなじみの著者が語る!

憲法制定を始めとする国政改革は社会に何をもたらしたのか。
明治維新から150年を迎えようとする今日、予断に基づくことなく事実を通じて真実に迫る。

日 時 平成29年3月3日(金)

【国体文化】平成29年3月号

【国体文化】平成29年3月号
通巻1114号/目次
===========================
〔巻頭言〕後世の範たる新例を定めよ……表 2

◉第49回国体文化講演会
今後の世界と日本国体(二)/金子宗徳……2

◉歴史と今後を見つめる《11》
『昭和天皇実録』昭和二十年より/宮田昌明……18

◉論壇瞥見《83》
憲法論議は王道を貫け/井上寶護……22

◉ますらおの叫び・日本軍歌考《49》
日清・日露戦役の歌 (七)/大野主水……28

◉時事風刺
施政方針演説雑考/小川主税……30

御製講座(80) 平和への願い①/竹中正安……34

◉日本思想史における法華経
国体との冥合を考へる(12)/相澤宏明……38

国体規範論 中(73)/里見岸雄……44

本部動報……36
▼国体思想研究会第31回例会
▼新年会にて一層の飛躍を誓う
▼所長、政治と宗教について語る
▼大孝園日誌
▼受贈図書

編集余滴……56

===========================

ご注文はこちら>>

【3/10】国体思想研究会第33回例会のお知らせ

国体思想研究会第33回例会のお知らせ

■ 日 時

平成28年3月10日(金) 午後7時~9時

■ 会 場

喫茶ルノアール新宿区役所横店
マイ ・スペース会議室3号室