【出版案内】『英米世界秩序と東アジアにおける日本――中国をめぐる協調と相克 一九〇六~一九三六――』 »»»»»»»»»»こちらをクリックして下さい

 

【9/17】第5期国体学講座 第3講〔マルクス主義の国家論〕

■ 日 時

平成29年9月17日(日) 午後1時開始

■ 会 場

大孝園・里見日本文化学研究所講堂
(東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

■ 内 容

講話
 講師 里見日本文化学研究所顧問・日本国体学会理事長 河本學嗣郎
研究発表
 未定
講義
 「西洋思想における国家論」(8)
  マルクス主義の国家論
 講師 里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子 宗德
質疑応答

■ 会 費
1000円

【9/1】国体思想研究会第39回例会のお知らせ

「国体」に関する少人数の勉強会です。
若き学徒の参加を歓迎します。

■ 日 時
  平成29年9月1日(金) 午後7時~9時

■ 会 場
 喫茶ルノアール新宿区役所横店
 マイ ・スペース会議室3号室
(東京都新宿区歌舞伎町 1-3-5相模観光ビル2階)

■ 内 容
 (1)ミニ発表
 (2)テキストの輪読〔輪読範囲…里見岸雄著『萬世一系の天皇』233~252頁〕
 ※テキストを入手の上、該当箇所を事前に御通読下さい(本会にてお取扱いしております

■ 参加費
 500円(飲料代込)
   ※終了後に懇親会あり(会費:3000円程度)

 御参加に際しては、事務局まで御連絡頂ければ幸いです。

【8/25】金子所長、三島由紀夫研究会で講演

金子所長が三島由紀夫研究会の勉強会で講演をします。
御来場をお待ちしております。

 日時:8月25日(金)午後6時半開会(午後6時開場)
 場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
 演題:「近代を超えるといふこと~京都学派と三島由紀夫」
 会費:会員・学生1千円、一般2千円

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、8月11日(金)~8月16日(水)、里見日本文化学研究所・日本国体学会事務局は夏季休業とさせていただきます。
期間中は何かとご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程、お願い申し上げます。
なお、メールでの問い合わせはいつでも承っております。

【7/23】第5期国体学講座 第2講〔足利尊氏の研究/イギリス保守主義の国家論〕

■ 日 時

平成29年7月23日(日) 午後1時開始

■ 会 場

大孝園・里見日本文化学研究所講堂
(東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

【7/14】国体思想研究会第37回例会のお知らせ

「国体」に関する少人数の勉強会です。
若き学徒の参加を歓迎します。

■ 日 時
  平成29年7月14日(金) 午後7時~9時

■ 会 場
 喫茶ルノアール新宿区役所横店
 マイ ・スペース会議室3号室
(東京都新宿区歌舞伎町 1-3-5相模観光ビル2階)

■ 内 容
 (1)ミニ発表
 (2)テキストの輪読〔輪読範囲…里見岸雄著『萬世一系の天皇』183~206頁〕
 ※テキストを入手の上、該当箇所を事前に御通読下さい(本会にてお取扱いしております

■ 参加費
 500円(飲料代込)
   ※終了後に懇親会あり(会費:3000円程度)

 御参加に際しては、事務局まで御連絡頂ければ幸いです。

【6/9】第51回国体文化講演会 宮本誉士「日本国家学の理念 ― 憲法学者大串兎代夫の国体論と御稜威論」

第51回国体文化講演会のお知らせ

非常時の国家体制を構想し、日本国家学の樹立を目指した憲法学者・大串兎代夫。
その日本国家学の理念、国体論・御稜威論を顧みる。

 大串兎代夫(おおぐし・とよお)
  
明治37(1904)年生まれ、東京帝国大学で上杉慎吉に師事。
  ドイツに留学してオットー・ケルロイターの下で学び、帰国後はナチス法学の紹介者として知られる。
  敗戦に伴って公職追放処分を受けるが、後に名城大学や亜細亜大学で教鞭を執った。

日 時 平成29年6月9日(金)
18時15分 開  場
18時30分 開  始
20時10分 終講予定
場 所 学士会館  302号室
     (東京都千代田区神田錦町3―28)
講 師 宮本誉士 氏
     (國學院大學研究開発推進機構准教授)
演 題 日本国家学の理念
     ― 憲法学者大串兎代夫の国体論と御稜威論

会 費 1,000円
     (事前申込不要/日本国体学会正会員・護持会員は無料)
主 催 日本国体学会

〔講師略歴〕
(みやもと・たかし) 昭和45年(1970年)山形県出身。学習院大学法学部卒業。國學院大學大学院文学研究科神道学専攻博士課程後期修了。民間企業に勤務後、明治聖徳記念学会研究嘱託・神社新報社嘱託・國學院大學研究開発推進機構助教などを経て現職。博士(神道学・國學院大學)。