【出版案内】『英米世界秩序と東アジアにおける日本――中国をめぐる協調と相克 一九〇六~一九三六――』 »»»»»»»»»»こちらをクリックして下さい

 

『国体文化』平成30年2月号

目次は、こちらを御覧下さい。

【3/2】第53回国体文化講演会 先崎彰容・山本直人・金子宗德「明治国家の連続と断絶」

本年は明治維新から150年目にあたりますが、我々の生きる現代の日本は、
どこで明治の日本から切り離され、どこで明治の日本と繋がっているのか。
『未完の西郷隆盛 日本人はなぜ論じ続けるのか』(新潮選書)を上梓したばかりの先崎氏と、
『亀井勝一郎』(ミネルヴァ日本評伝選)を執筆中の山本氏を迎え、
縦横無尽に語って頂きます。

■話し手 先崎彰容氏(日本大学危機管理学部教授)
        昭和50年、東京都生まれ。
        東京大学文学部卒。文学博士(東北大学)。
        東日本国際大学東洋思想研究所教授などを経て現職。
      山本直人氏(文藝評論家・東洋大学非常勤講師)
        昭和48年、栃木県生まれ。
        東洋大学大学院文学研究科博士課程修了。
        文藝同人誌『昧爽』主宰。
■聞き手 金子宗德氏(里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師)
        昭和50年、愛知県生まれ。
        京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
        姫路獨協大学非常勤講師などを経て現職。

■日 時 平成30年3月2日(金)18時30分

■会 費 1,000円(本会関係者)
      2,000円(一般)

■場 所 学士会館302号室

『国体文化』平成30年1月号


【国体文化】平成30年1月号
通巻1124号/目次
===========================
◉〔年頭信感〕御譲位の「お言葉」と「承詔必謹」/河本學嗣郎…… 2

◉我らは何を守り、何と戦ふか ― 『国体文化』の目指すもの/金子宗德……6

◉侃諤摘記《1》
 マスメデイアの「報道犯罪を許すな」 ― 捏造報道で国力を衰退させる国賊ども/井上寶護……14

◉歴史と今後を見つめる《20》
 ソ連の原爆開発と諜報活動/宮田昌明

◉ますらおの叫び・日本軍歌考《61》
 支那事変の歌 (五)/大野主水……24

◉〔新連載〕共同体の遺伝子《1》
 流血なき内戦を闘え/本山貴春……26

◉〔書評〕奥山篤信『キリスト教を世に問う!』/ポール・ド・ラクビビエ……30

◉〔新著紹介〕大塚ひかり『女系図でみる驚きの日本史』/三浦充喜……35

◉資本主義の超克とその先の国家論《十》/小野耕資……38

◉日本思想史における法華経
 国体との冥合を考へる(22)/相澤宏明……47

◉国体規範論 中(84)/里見岸雄……54

◉新年賀詞…64

◉本部動報……46
  ▼大孝園日誌
  ▼受贈図書

◉編集余滴……72

===========================

ご注文はこちら>>

【1/28】第5期国体学講座 第4講〔実存主義の国家論〕

■ 日 時

平成30年1月28日(日) 午後1時開始

■ 会 場

大孝園・里見日本文化学研究所講堂
(東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

■ 内 容

講話
 講師 里見日本文化学研究所顧問・日本国体学会理事長 河本學嗣郎
講義
 「西洋思想における国家論」(9)
  実存主義の国家論
 講師 里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子 宗德
     ニーチェにより「神の死」が宣告されたものの、存在を巡る問いは続く。
     「存在と時間」の著者として知られるハイデガーとナチズムとの関係など、
     現代史の暗部とも関わる論点を取り上げる。 

質疑応答

■ 会 費
1000円

お申し込みはこちらからお願いいたします。

 

年末年始の御案内

平成29年も残り僅かとなりました。
会員・読者の皆様におかれては良い年をお迎え頂くとともに、新年も本研究所・本会の活動に更なる御理解・御協力賜りますようお願い申し上げます。

なお、12月29日(金)より1月8日(日)まで事務局は休業させて頂きます。
御用件がある場合は、FAXまたはメールでの御連絡が確実です。
武蔵野御陵参拝(1/7)は御案内の通り実施致します。

里見日本文化学研究所
日本国体学会

新年関連行事の御案内

武蔵野御陵参拝
先帝崩御の日に御聖徳をお偲びする
  1月7日(日) 午前11時
  JR中央線高尾駅北口改札集合

新年会
今年一年の同志の団結を堅くいたしましょう
  1月14日(日) 正 午
  日本国体学会 本部講堂
  会 費 3000円
  ※要事前申込(本部まで御連絡下さい)

【9/17】第5期国体学講座 第3講〔マルクス主義の国家論〕

■ 日 時

平成29年9月17日(日) 午後1時開始

■ 会 場

大孝園・里見日本文化学研究所講堂
(東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

■ 内 容

講話
 講師 里見日本文化学研究所顧問・日本国体学会理事長 河本學嗣郎
研究発表
 未定
講義
 「西洋思想における国家論」(8)
  マルクス主義の国家論
 講師 里見日本文化学研究所所長・亜細亜大学非常勤講師 金子 宗德
質疑応答

■ 会 費
1000円