【出版案内】『英米世界秩序と東アジアにおける日本――中国をめぐる協調と相克 一九〇六~一九三六――』 »»»»»»»»»»こちらをクリックして下さい

 

【7/23】第5期国体学講座 第2講〔足利尊氏の研究/イギリス保守主義の国家論〕

■ 日 時

平成29年7月23日(日) 午後1時開始

■ 会 場

大孝園・里見日本文化学研究所講堂
(東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

【7/14】国体思想研究会第37回例会のお知らせ

「国体」に関する少人数の勉強会です。
若き学徒の参加を歓迎します。

■ 日 時
  平成29年7月14日(金) 午後7時~9時

■ 会 場
 喫茶ルノアール新宿区役所横店
 マイ ・スペース会議室3号室
(東京都新宿区歌舞伎町 1-3-5相模観光ビル2階)

■ 内 容
 (1)ミニ発表
 (2)テキストの輪読〔輪読範囲…里見岸雄著『萬世一系の天皇』183~206頁〕
 ※テキストを入手の上、該当箇所を事前に御通読下さい(本会にてお取扱いしております

■ 参加費
 500円(飲料代込)
   ※終了後に懇親会あり(会費:3000円程度)

 御参加に際しては、事務局まで御連絡頂ければ幸いです。

【6/9】第51回国体文化講演会 宮本誉士「日本国家学の理念 ― 憲法学者大串兎代夫の国体論と御稜威論」

第51回国体文化講演会のお知らせ

非常時の国家体制を構想し、日本国家学の樹立を目指した憲法学者・大串兎代夫。
その日本国家学の理念、国体論・御稜威論を顧みる。

 大串兎代夫(おおぐし・とよお)
  
明治37(1904)年生まれ、東京帝国大学で上杉慎吉に師事。
  ドイツに留学してオットー・ケルロイターの下で学び、帰国後はナチス法学の紹介者として知られる。
  敗戦に伴って公職追放処分を受けるが、後に名城大学や亜細亜大学で教鞭を執った。

日 時 平成29年6月9日(金)
18時15分 開  場
18時30分 開  始
20時10分 終講予定
場 所 学士会館  302号室
     (東京都千代田区神田錦町3―28)
講 師 宮本誉士 氏
     (國學院大學研究開発推進機構准教授)
演 題 日本国家学の理念
     ― 憲法学者大串兎代夫の国体論と御稜威論

会 費 1,000円
     (事前申込不要/日本国体学会正会員・護持会員は無料)
主 催 日本国体学会

〔講師略歴〕
(みやもと・たかし) 昭和45年(1970年)山形県出身。学習院大学法学部卒業。國學院大學大学院文学研究科神道学専攻博士課程後期修了。民間企業に勤務後、明治聖徳記念学会研究嘱託・神社新報社嘱託・國學院大學研究開発推進機構助教などを経て現職。博士(神道学・國學院大學)。

【6/2】国体思想研究会第36回例会のお知らせ

「国体」に関する少人数の勉強会です。
若き学徒の参加を歓迎します。

■ 日 時
  平成29年6月2日(金) 午後7時~9時

■ 会 場
 喫茶ルノアール新宿区役所横店
 マイ ・スペース会議室3号室
(東京都新宿区歌舞伎町 1-3-5相模観光ビル2階)

■ 内 容
 (1)ミニ発表
 (2)テキストの輪読〔輪読範囲…里見岸雄著『萬世一系の天皇』152~167頁〕
 ※テキストを入手の上、該当箇所を事前に御通読下さい(本会にてお取扱いしております

■ 参加費
 500円(飲料代込)
   ※終了後に懇親会あり(会費:3000円程度)

 御参加に際しては、事務局まで御連絡頂ければ幸いです。

【5/28】第5期国体学講座 第1講〔ドイツ観念論の国家論/沖縄における国体と政体のねじれ〕

■ 日 時

平成29年5月28日(日) 午後1時開始

■ 会 場

大孝園・里見日本文化学研究所本部講堂
(東京都武蔵野市関前5‐21‐33)

【報告】国体思想研究会第35回例会(5/12)

 5月12日19時より、ルノアール新宿区役所横店にて第三十五回国体思想研究会例会が開催され、新規参加者3名を含め11名が参加した。

 まず最初に、荒岩宏奨氏(展転社編集長)が、メーデーに因み「日本人の労働観」と称して発表。保田與重郎や福田恆存の労働論に触れた荒岩氏は、「現在は消費が目的で生産が手段といふ考へだから、手段である生産に苦が伴ふのであらう。生産も消費も目的であった昔は、両方とも娯楽だった」と指摘する。また、『旧約聖書』における楽園追放のエピソード、記紀に示された「ことよさし」思想、さらには支那の七夕伝説を比較し、「西洋人にとっては辛い、支那人は悲しい、日本人は楽しいといふ労働観を持ってゐた。聖書でも七夕伝説でも、初めから労働が辛く悲しかったわけではない。神や天帝の怒りに触れて原罪を負ふことによりさうなってしまった」と指摘。だが、西洋近代の影響を受けて現代の日本人は労働を「苦」としか捉えられなくなっている。労働者の解放を目指すなら、階級闘争を行うのではなく、日本古来の労働勘を取り戻すことが必要ではないかと結んだ。これに対して、聖書理解の妥当性やウェーバーやアーレントの労働観を巡る議論など様々なコメントがあり、活発な議論が展開された。

 続いて、『万世一系の天皇』の輪読に移り、ポール・ド・ラクビビエ氏が発表。今回は、第三章「天皇存在の根拠と属性」のうち、前半の「万世一系の意味」・「万世一系の血統」・「万世一系の道統」・「万世一系の皇位」について精読した。

金子所長、「右傾化」について語る

 朝日新聞出版から刊行される週刊誌『AERA』(平成29年5月1・8日号)の「伝統的右翼団体『国柱会』がネトウヨを叱る」(文責・山口亮子)という記事に金子所長のインタビューが掲載された。

 「宮沢賢治も信じた国柱会は今」という副題、「日本社会の右傾化を、戦前からの伝統を持つ右翼団体はどう受け止めているのか。戦前の右翼思想に多大な影響を与えた国柱会関係者に聞いた」というリード文に引続き、田中壮谷氏(国柱会賽主)らと並んで金子所長がインタビューに答えている。

 その中で、所長は戦前の「右傾化」と呼ばれる動きには、現状維持でも左翼的な理想主義でもない「第三の道」を希求する流れがあったけれども、現在の「右傾化」には「第三の道」を求める動きは見られないと指摘した上で、「率直に言わせてもらえば、『軽い』」とコメント。さらに、「自分の生まれ育った社会に根源的な違和感がない」ため、「日本がなぜ他国に気を使わなければならないのか」という素朴な苛立ちに止まり、結果的に「新自由主義的な自己責任の論理一辺倒」に陥り、「左翼が強かった時代の反動」でしかないと分析している。

 なお、この記事は朝日新聞出版のニュースサイト「ドット」からも閲覧できる。