国体思想研究会・第54回例会の御案内〔9月18日〕

若き里見博士が「形而上学的権威に対する所謂religious faith」を批判し、「日蓮の思想を、可能なる發展的理解に於て再現」しようとする本書を読むことで、現代社会における宗教の役割を問い直したいと存じます。

日時:9月18日(金)19:00~21:00
場所:新宿駅付近の喫茶店(参加希望者に御連絡致します)
テキスト:『吼えろ日蓮』〔春秋社・昭和6年〕
第3章「日蓮の研究方法と末代信徒の固定的イデオロギー」(67~73頁)
会費:1000円(飲料代・会場費)
申込み:satomikenkyujo@kokutaigakkai.com〔(@)を半角にして下さい。〕

SNSでシェアする

公式アカウントをフォローする